チーズの種類

チーズはいまは世界中で作られています。チーズの種類と大きく分けると、ナチュラルチーズと呼ばれる、加熱処理していないものと、加熱溶解しているプロセスチーズがあります。いまとくに日本で話題になっているのがナチュラルチーズの類いで、そのまま食べても美味しく、お料理やチーズケーキに使ってその食感を楽しむ人が増えています。

 

一昔前は、チーズといえばプロセスチーズが主流だったのに、最近は日本人の趣向もかなり変わってきました。ナチュラルチーズのなかでもフレッシュチーズと呼ばれるものに、カッテージチーズ、モッツアレラチーズがあります。チーズケーキやお料理によく使われます。そして白カビチーズにカマンベールチーズがあります。ウォッシュチーズは表面をワインや塩水で洗い流したもの。シェーブルチーズは、山羊のチーズです。

 

またやや硬いチーズ類として、青カビを植え付けて熟成したものがブルーチーズ、その他の菌を植え付けたものがゴーダーチーズ、硬いチーズ類にはチェダーチーズ、パルミジャーノチーズなどがあります。いまはプロセスチーズよりも本場のチーズ、フレッシュチーズを楽しむチーズファンが多いですよね。