チーズケーキの歴史

チーズケーキの歴史は、なんと古代ギリシャまで遡るといいます。紀元前の776年、第一回古代オリンピックにて、アスリートたちに振る舞われていたといいます。それくらいチーズケーキはスタミナ源として、そして褒賞にふさわしい食べ物だったことが分かります。

 

でもこのときのチーズケーキは、現代のチーズケーキとは似ても似つかないものだったということです。その後、チーズがチーズケーキとして食べられるようになったのは、ベイクドチーズケーキとしてでした。中世ポーランドで、トゥファルクという名前の生乳を発酵させてつくるチーズをふんだんに使ったベイクドチーズケーキ、チーズケーキセルニックが生まれたといいます。

 

これは現在のポーランド、ポドハレ地方の郷土料理であり、この製法がポーランド系移民を経由してアメリカに伝えられ、いまのように世界的に愛されるようになりました。1872年のクリームチーズの開発も、チーズケーキのレシピに一役かったようです。